26.1.24 平成26年新年賀詞交歓会が開催されました。

新年の挨拶をする舟久保会長

新年の挨拶をする舟久保会長

橋本教授による新春講演会

橋本教授による新春講演会

昨日1月24日(金)、大田区中央にあります大田文化の森に於きまして、「(一社)大森工場協会、YMクラブ共催 新年賀詞交歓会」が開催されました。

新年の幕開けを彩る恒例の賀詞交歓会。今年も多くの会員・会員家族の皆様、御来賓の皆様にお越しいただきました。

冒頭、親会であります(一社)大森工場協会の舟久保利明会長(㈱昭和製作所 取締役会長:写真上)は新年のご挨拶の中で、「下町ボブスレープロジェクトで活躍している若い世代と同じく、当協会も世代交代が進みYMクラブを中心とした若い人材が育ってきた。
最盛期800~900社あった当協会も現在は120社あまり。会員各社、力を合わせて今年も頑張っていきましょう。」と力強く抱負を述べられました。

続いて第一部の新春記念講演会には、政策研究大学院大学 特任教授 橋本久義氏(写真右)にご登壇いただき「消費税後の日本の中小企業 どこに商機を作るか?」と題して、今年の日本の中小企業の展望や中小製造業を取り巻く環境(中国やインドと言った新興経済国の状況)、そして今後中小企業はどのように生き抜いていくべきかなど、「政治・経済の今」を橋本氏らしい切り口でわかりやすくご講演いただきました。
講演の最後に橋本氏は「夢と誇りとロマンを込めて、モノづくりを頑張ってもらいたい。」と、日本の中小製造業に向けて暖かいエールを贈られました。

第二部の懇親会では、会員同士が新年の挨拶や今後の見通しなど思い思いに歓談。会場は新年の始まりにふさわしい和やかな雰囲気に包まれました。

後半には毎年恒例のお待ちかね「新春カプセルクイズ」の成績発表と表彰式が行われ、各会員は司会者より答案用紙を返却されると照れ笑いや苦笑いを浮かべて昨年の賀詞交歓会で記入した回答を見返しておりました。

このクイズは、新年の初めに今年行われる様々なイベントや、為替や株価の動向を予想。経営者として時代の先を読む力を楽しく養うものとして、常に学ぶ姿勢を忘れない当協会ならではの恒例行事です。その中で最高得点を挙げた、大竹寿代氏(㈱大成 取締役)には、YMクラブの上田幹事長(㈱上田製作所 代表取締役社長)より優勝として記念品が贈られました。

 

最後に当協会の森崎眞洋副会長(三光カーボン㈱ 代表取締役社長)の音頭による三本締めで盛大に幕を閉じ、今年一年の繁栄を誓い合いました。

本年も私共(一社)大森工場協会 YMクラブは、各種講演会や懇親会、地域行事への参加を通じて、大田区の中小製造業の発展・地域社会への様々な貢献に寄与し、会員各企業がさらなる飛躍を遂げる為邁進していく所存であります。

創立51年目を迎えた当クラブを、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

カテゴリ: 最新情報,活動報告